参考までに使っている機材を紹介します。

カメラたち

Sony α900

フィルム時代にMinoltaのα707を椎名誠さんや高橋昇さんのお薦めに従って購入したけど、その後、Minoltaのカメラ部門がSonyに身売りして…。
手持ちのレンズを使い続けたくて(結局、いまは使ってない)、Sonyのデジタル一眼レフへ移行することになりました。
ですので、まずはα100でした。これ、とってもきれいなグラデーション出しをしてくれるいいカメラでした。が、α707と比べると操作性に難がありまして…。
で、α700へ移行。操作性がよくていいカメラでした。ただ、いかんせん、AFの合焦速度が遅いのが難で…。それと暗所性能が悪いんですね。
まぁ、なんでもかんでも明るくしてしまうのって、かえってリアルではないって思いますので、それはそれで良かったのですが、AFが遅いというのは動きモノを撮れないわけでして…。
と、悩んでいましたら、α77っていうのが出てきました。AF合焦速度は格段にあがってました。が、ファインダーがEVに…。
えっと、光学ファインダーではなくて、ビデオカメラのファインダーみたいなのです。これだと、目がチカチカというか、ライブ感にかけるんです。
みているものを撮っている!っていう感覚が失われるんです。
札幌のヨドバシカメラに行って、いじってみて、えーーー、やだなぁって思っていたら、そこに店員さんがα900を並べ始めました。
当時、α900はもう生産が終了したフルサイズセンサーを積んだSonyのフラッグシップ機でした。ファインダー視野率100%を誇るすごいカメラさんでした。
高嶺の花だったので、手に入れられるなんておもってもいなくて、ずっとAPS-Cセンサーのカメラを使うつもりでレンズも揃えたところだったのですが…。
「これ、どうしたんですか?」
「あぁ、ショーケースに展示していたのですが、販売にだすことになりました」
「ということは、誰も触っていない新品ということですか?」
「はい。誰も。もう一台は、普通に展示していたモノでして、いま、整備しなおしています。」
「これは、おいくらで?」
「14万円です」
なんですとーーーーっ!だって、出てきたばかりのα77が16万っていってて、性能的には古くなったとは言え、”あの”α900が14万円なんて!ありえない!
ということで、その場で購入…。
画質は申し分ありません…。いまだに申し分ありません。まったくもって申し分ありません。
α700よりもAFが少し早くなっているだけですが、でも、出てくる写真の美しさは最高です。
現在、α900の正統後継機はα99Ⅱなるものになっていて、結構、モンスターなカメラのようです。
そして、ミラーレスα7シリーズ、α9などが出てきて、スペック的にはすごいことになっています。もちろん、金額もすごいことになっています。
確かに合焦速度の大幅なアップや耐低照度性能の改善には目を見張るモノがあって、おまけに機材もコンパクトになるので、いいなぁっと憧れてもいますが、修理が出来なくなるまで、α900を使い込もうと思っています。

Sony α6500

馬やトナカイに乗った状況で写真を撮りたい、また、「遊牧の民の調べコンサート」で舞台撮影をしたいと、2016年冬に購入したカメラです。発売直後に、これはっ!て思って購入したサブカメラです。
これ以前は、サブカメラとして、コンパクトカメラのハイエンド機(PanasonicのLumixシリーズ)を愛用していましたが、ミラーレスに移行し、ソニーのNEX-5からNEX-7を使っていました。
NEXシリーズは手ぶれ補正機構が搭載されてないため、マウントアダプターを使って、手持ちの高性能αレンズたちをつけても、扱いが難しかったのですが、NEX-7は画質も良くて、重宝してきました。
しかし、NEX-7用としてレンズをわざわざ揃えることに抵抗があって様子を見続けていたところ、ついに手ぶれ補正機能がついたミラーレス機が出たんです。
こうなりますと、メインカメラのα900用に揃えたレンズたちがその性能をそのまま発揮できることになったわけです。それにフォーカスエリアを移動させるのにタッチパネルが使えるなど操作性も格段に改善され、そして、サイレントシャッターが使えるなど、実に素晴らしいカメラがでてきたっ!と思ったわけです。
カメラ本体の小ささを生かせるようにいくつかのレンズは更に購入することになりましたが、いかんせん、これに70-400mm望遠レンズをつけての野生動物撮影は、いままでより格段に撮りやすくなりました。
モンゴルでは、望遠レンズをつけての野生動物や動きモノ撮影を撮るためのカメラとして、人物や風景撮影はα900でというような使い分けが完全にできることになりました。
日本国内での撮影は基本的にα6500をメインに使っています。

レンズたち

単焦点

  1. SIGMA 24mm/f1.8(αマウント)
  2. Sony 35mm/F1.8(Eマウント)
  3. Sony 50mm/F1.4(αマウント)
  4. SIGMA 60mm/F2.8(Eマウント)
  5. Minolta 100mm Macro /F2.8(αマウント)

ズーム

  1. Sony 10-18mm/F4(Eマウント)
  2. Sony 16-35mm/F2.8(αマウント)
  3. Sony 24-70mm/F2.8(αマウント)
  4. Sony 18-105mm/F4(Eマウント)
  5. SIGMA 70-200mm/F2.8(αマウント)
  6. Sony 70-400mm/F4-5.6(αマウント)